BLOG

6/19(水)11:30〜15:00通常営業します。6/20(木)〜25(火)の営業はお休みします。
島バナナがたくさんある時は定食の付け合わせで出すことがあります。今の時期は石垣産パインも常時仕入れてあるのでフルーツ2種盛りですね。南国のイメージから島にはいつもトロピカルフルーツが溢れているように思われることが多いのですが、実はフルーツの採れる時期や量は限られていて果物は貴重だったりします。
先日、豊年祭の準備のために皆でアダンを取りに行った時に、終わった後に島バナナとは違う品種のバナナをいただきました。
このバナナは実の中に種があるんですよ。黒い粒が種ですが直径3〜4ミリぐらいはある意外と大きな種でした。味は島バナナとも輸入バナナとも違うあっさりとした甘みで、ねっとりもっちりした食感が美味しかったです。
その時はこのバナナを食べながら皆でバナナの話に花が咲き、いろんなバナナ情報を聞くことができました。
島バナナを植えるのは痩せた土地の方がいいんだよ。生ゴミや肥料はあげない方がいいんだよ。うちの人は輸入バナナは全然食べないけど島バナナは大好きで毎日食べてるさ〜。島バナナは畑で採れるのが当たり前だったから内地で就職したとき売られているバナナの味と値段に慣れなかったさ〜などなど
面白かったのは島バナナ泥棒の話です。島はとても平和ですが、中には他人の畑のバナナを盗ってそれを売って小遣いを稼ごうとするずるい人もいるそう。泥棒はこっそり盗っていくんだけど、畑の主は普段から畑をよく見てるから盗られたらすぐ分かるのだとか。泥棒の中には盗った痕跡をできるだけ誤魔化す輩もいますがバレバレということですね。

何度も盗られた主はある日、畑のバナナの房に自分だけがわかるマークをつけておいたところ、後日そのバナナが盗られて売店で売られているのを発見したそう。はっきりいってこれって窃盗でりっぱな犯罪ですが、それに腹を立てながらも犯人を罰したりしないのは小さな島のコミュニティでお互いを追い詰めないための寛容性でしょうか。誰が犯人か分かってるんですか?と聞くと、そりゃあ〜やる人は限られてるからみんな分かってるさ〜と言ってました。まさに島ならではの話ですね〜。
6/18(火)11:30〜15:00通常営業します。6/20(木)〜25(火)の営業はお休みします。
港近くの畑でゴマの花が咲いていました。ここの農家さんにはいつもゴマを分けていただいてうちの料理に使わせていただいています。

花の終わった後にはゴマのつまった鞘ができてきていました。この鞘が育って熟して先が割れてくると、中にたくさんのゴマが入っているのが見えるようになります。
農家さんは「これから熟して収穫するまで台風が来ないことを祈るばかり」と話していました。今年もたくさんのゴマが収穫できるといいですね〜
6/17(月)11:30〜15:00通常営業します。6/20(木)〜25(火)の営業はお休みします。

昨日はもうすぐ行われる豊年祭のお供え物の材料を地域の女性たちと採りに行ってきました。お供え物にはさまざまな島の食材が使われますが、今回とりに行ったのはアダンと長命草。
アダンは海岸近くにたくさん自生していて、この季節になると甘い匂いを漂わせるオレンジ色の大きな実をつけます。観光客の方がよくパイナップルと間違えるアレですね。お供え物では、この実の芯の部分を茹でて和えものにします。上の写真のようにオレンジ色になったものは熟し過ぎで使えないので、もっと若い実を探して採ります。
その場で金槌で周りの粒状の部分を剥がします。
周りの部分はポロポロとれて芯だけ残ります。
これを冷蔵保存しておき来週の豊年祭の時に料理します。
他にも大量の長命草も収穫しました。アダンも長命草も刻んで茹でて水気を切ったのちにニンニク、味噌、ゴマなどで和える「マンズ」と呼ばれるお供え料理となり神事で使われます。
また午後からはこちらもお供え物のミキ(御白酒)の仕込みが行われました。神事の約一週間ぐらい前に仕込んで発酵させます。ミキといってもアルコールの入ったお酒ではなく甘酸っぱい発酵飲料です。材料は米と砂糖だけ。炊いた米と生米の両方に水を加えながらミキサーなどで粉砕し、そのあと目の細かい布で濾します。砂糖を加えてあとは微生物が発酵してくれるのを待つだけ。
発酵は天気やその時の環境にも左右されるそうで上手くできるかどうか、あとは神頼みです。
ミキは大量の砂糖を使っているので蟻にたかられないように、水を張ったたらいの中に置き、周りに塩も撒いてアリ対策をして静置しました。
こういった下ごしらえや仕込みが島の各部落で行われています。豊年祭などの神事は各集落の御嶽ごとに行われるので、どの集落でもほぼ全員参加で成り立っています。

そのため来週にかけて豊年祭期間中は島内の飲食店はお休みになることが増えると思います。少ない人口で神事を継続していくのはなかなか大変なことです。しかし、この豊年祭は一年の豊作に感謝し、来たる一年の豊作を祈願する重要な神事です。今年も無事に執り行われますように…。
6/15(土)11:30〜15:00通常営業します。明日16(日)の営業はお休みします。

本日は、はてるま幼稚園、波照間小中学校の合同運動会の日です。雨の予報が続いていたので天気の心配をしていましたが、今朝になってみたら晴れる予報となり良かったですね〜。

本日はこの運動会のためランチ営業のお店はいつもより閉まっているお店が多くなると思います。お食事にお出かけになる方はお気をつけください。
さて昨日のお休みは、地域行事のお手伝いをしたり、福木染めをしたり、畑の草取りをしたりしてあっという間に1日が終わりました。
今月は豊年祭などもありお休みが多くなってしまいご来店予定の方には大変申し訳ありません。
以下が今月末までの休みの予定です。他にも諸事情により急に休みになることがございます。ご容赦くださいませ。

6/16(日)お休み
6/20(木)〜25(火)お休み
6/13(木)11:30〜15:00通常営業します。明日14(金)の営業はお休みします。

りっぱなゴーヤーが実る季節になりました。ちゃんぷる〜や付け合わせでも出していますが、使いきれないのでつくだ煮にもしています。
切ったゴーヤー500gに対して、しょうゆ50ml、酢40ml、砂糖100gをまぶしてしばらく(30分ぐらい)置きます。フライパンに出てきた汁ごといれて中火で時々混ぜながら煮ます。汁気がなくなるまで煮詰め、火を止めてからたっぷりのかつお節とゴマを入れて混ぜて出来上がり。
冷蔵庫でも日持ちしますし、使いきれない場合は冷凍保存もできますよ。たっぷりのかつお節とゴマがおいしさのポイントかなと思います。そこはケチらない方が美味しくできると思います。もし使いきれないぐらいのゴーヤーが手に入ったら試してみてくださいね〜

●6月のお休みの予定●
6/14(金)お休み
6/16(日)お休み
6/20(木)〜25(火)お休み

6/12(水)11:30〜15:00通常営業します。

ハーリーも終わりそろそろ梅雨明けしてもいい頃ですが、週間天気予報は雨マークが続き梅雨らしい天気が続きそうです。
上の写真は昨日お客さんにお出しした生姜焼き定食。生姜焼きはごはん屋さんの定番メニューですね。注文が入り厨房で炒めていると生姜、ニンニク、醤油の混ざった食欲をそそる匂いが店内に充満します。その匂いを嗅いだお客さんが「あ〜生姜焼き食べたい!」となり連鎖的に生姜焼きの注文が立て続くことがよくあります。
そんな昨日の生姜焼きの定食プレートの付け合わせは、カボチャの和えもの、魚とイカの天ぷら、なまり節とキュウリの和えもの、島タコの煮付け、でした。

魚介類多めですが、これは先日の休み中にすませた法事で使った食材と同じもの。親戚の方が採ってきたり持ってきた美味しい地元産の海産物をお店でも有効利用させてもらいました。めったにない贅沢プレートになりました。
今日の付け合わせには今が旬の石垣島産のパインを切って南国らしい雰囲気にしようかな〜
6/11(火)11:30〜15:00通常営業します。

5月から咲き始めたドラゴンフルーツの花が先日佳境を迎えました。
今にも咲きそうな蕾がたくさん。
こんな風にふっくらした蕾はその日の夜に開花します。この写真のときの時刻は夕方の18時過ぎ。

同日夜20時過ぎ。花が開き始めました。
同日夜22時過ぎ、花がほぼ開きました。
日付が変わった深夜零時過ぎ。ぱっかーんと完全に開ききりました。
あっちでもこっちでも同じように開花して、その花の数今シーズン最高の17輪!
満点の星空に向かって咲く様子はなかなかの圧巻でした。
とても大きな花ですがそれほど匂いはありません。しかし花にはハエや蛾などの昆虫が訪れ、それを狙っているのでしょうか、カマキリも待ち構えていました(上の写真の左上の方)。
妖艶な花のゴージャスな開花は夜が明けた6時ごろには終焉に向かっていました。花の命は一夜限り。
翌朝9〜10時ごろには萎んでしまうようです。
花が終わったあとはこんな風になって今度は根元の実が膨らんできます。大きく成長して熟した暁には、お店でお客さん達に召し上がっていただく予定です。さぁあとどれぐらいで収穫できるでしょうかね〜。私たちも楽しみにしています。
6/7(金)11:30〜15:00通常営業します。6/8(土)〜10(月)の営業はお休みします。
テリハボク(方言名:ヤラブ)の花が咲き始めました。テリハボクは海岸林に自生しますが、防風林や防潮林として植栽されることも多い身近な木です。この時期になるといっせいに花を咲かせます。
木全体にたくさんの花をつけます。ほんのりと上品な香水のような香りがするのですが、道を歩いているとこの香りに包まれることがあります。
特に夜は暗くて見えない分、いつもよりも匂い立つのでしょうか、ヤラブの花の存在感を感じられます。また一つ季節が巡っていきますね〜

6月は法事や豊年祭のため休みが多くなります。決まっている休みは以下の通りです。

6/16(日)お休み
6/20(木)〜25(火)お休み

勝手ながらご了承くださいませ。

6/6(木)11:30〜15:00通常営業します。今月は誠に勝手ながらお休みの日が多くなる予定です。以下が現在決まっている休みの日です。
6/8(土)〜10(月)
6/16(日)
6/20(木)〜25(火)
法事と豊年祭という家庭や島の行事への参加のためお休みさせていただきます。これらの日以外でも状況によってはお休みすることもあります。ご来店予定のある方は、このブログで営業しているかチェックしてからきてくださいね〜
さてうちのアルバイトさんが面白い野菜を持ってきてくれました(上の写真の長い方、小さい緑の野菜はズッキーニです)。細長〜くてくねくねしたヘビのような野菜、その名もヘビウリというそうです。インド原産でカラスウリの仲間。
手の大きさと比べるとヘビウリの長さが分かりますね〜

見た目のヘビっぽい外見からあまり美味しくなさそうな印象ですが、食べてみると癖がなく、和え物、酢の物、漬け物、汁物、炒めもの、どんな料理にでもできる万能選手です。苦みやえぐみなどもなくゴーヤよりも使い勝手がいいです。
切ってみると中は空洞で種やワタが入っています。皮をむいてワタをとって料理に使います。現在のところはトーフちゃんぷる〜や島らっきょちゃんぷる〜などのちゃんぷる〜メニューにこのヘビウリを入れています。ゴーヤーを薄くしたような見慣れない緑の野菜が入っていたらこのヘビウリですね。

アルバイトさんは、もともと島でよく栽培される野菜だけではなく、見たこともないような新しい野菜の栽培にもチャレンジしています。新しい食材を知ったり食べたりするのは楽しいですよね。今後もどんな野菜が出てくるか楽しみです。