BLOG

4/21(土)11:30〜15:00通常営業します。 
アマリリスやテッポウユリが島のあちこちで花を咲かせています。
波照間島の特産品のもちきびも早い畑では実をつけた穂がこうべを垂れ始めました。

月桃の花も咲き始め、うりずんの季節がやってきましたね〜。これから気温も湿度もどんどん上がっていく季節です。陽射しも強いですし、観光でいらっしゃる方々は、暑さ対策と紫外線対策をしっかりとしてきてくださいね!


4/20(金)11:30〜15:00通常営業します。
一昨日夜はioraのライブでした。毎年このライブを楽しみにしている子供たちも来て、賑やかで楽しい一夜になりました。
彼らはいろんな生きもの達のユニークな生きざまや特徴を上手いこと曲にして、なかなか面白くて深い世界観を見せてくれます。
曲だけではなく、生きものの名前を手描きしたフリップを使ったり
さまざまな太鼓やパーカッションを使って、エスニックな雰囲気も醸し出し、どこにもない彼らだけのエンターテイメント空間を作り上げます。
CD(5曲入り)も半年に1枚出すので、こんなにたくさんのCDコレクションに!
全て手作りのコサージュや消しゴムはんこなどの雑貨類も魅力的です。

自分たちが楽しい、面白いと思うものをとことん追求して、それをライブで披露し、見ている人までその世界観に入り込んで楽しくなる、そんなライブを堪能させていただきました。

ご来場くださったみなさまありがとうございました!
4/18(水)11:30〜15:00通常営業します。明日4/19(木)の営業はお休みします。

今日の夜8:00〜アイオラ(iora)のライブが開催されます。

ランチタイムはいつも通りの営業です。夜のライブ時には通常のお食事メニューは提供しません。ドリンクとスコーンなどの軽食のみ販売します。お食事は各自ですませてからご来場ください。

会場オープンは19:00〜となっていますが、早く来場し過ぎても待つ時間が長いので、19:45〜20:00ぐらいにご来場するぐらいがちょうどいいかもしれません。たくさんの方のご来場をお待ちしています。

4/17(火)11:30〜15:00通常営業します。
昨日修理を受けていた「ぱいじま2」は無事に直って4便で運航したようです。「ぱいじま2」が運航するかどうかで、船の到着時刻や運航時間が変わってきます。特に観光客を送迎する宿やレンタルの方は、港に向かう時間を調整しないといけないので大変ですね。
写真は昨日のラフテー定食。たくさん収穫できているトマトをシンプルに切って岩塩をかけるだけ、という形で付け合わせでお出ししました。なんの芸もないですが、これが一番美味しくいただける食べ方かもしれないですね。

そのほかの付け合わせは、キャベツと塩昆布の和え物、さやいんげんの胡麻和え、大根の揚げ浸しです。千切りはキャベツ、カボチャ、ニンジン、パセリ、長命草の5種類を混ぜたもの。よく考えたら、この千切り、付け合わせで使われている野菜はすべて島産ですね!

できるだけ島産を使うようにはしていますが、なかなか全部が島産ということはありません。そういう意味で昨日の定食はなかなか貴重なプレートでしたね。

明日4/18(水)のpm8:00〜アイオラ(iora)のライブが開催されます。
ライブ時には通常のお食事メニューは提供しません。ドリンクとスコーンなどの軽食のみ販売します。お食事は各自ですませてからご来場ください。

会場オープンは19:00〜となっていますが、早く来場し過ぎても待つ時間が長いので、19:45〜20:00ぐらいにご来場するぐらいがちょうどいいかもしれません。たくさんの方のご来場をお待ちしています。
4/16(月)11:30〜15:00通常営業します。

昨日はやや波が高く、高速船は1.2.4便運航、3便欠航となりました。また、波が高くても運航する大型双胴船「ぱいじま2」が船体の不調気味という情報も聞きました。「ぱいじま2」が走らないとなると、また以前の欠航ばかりの波照間航路に逆戻りしてしまいます。続報が気になるところです。

昨日入荷した島魚と一緒にサメも持ち込まれました。サメはサメを食べるために釣られているわけではなく、他の魚を狙った針に食いついてしまったサメを結果的に食用にしています。
釣られてしまったシロザメくん。うらめしや〜の表情?
サメは軟骨魚類で他の魚と異なるので体の構造も少し違っていて独特な感じです。鮫肌の皮膚は硬くて食べられないので皮を剥ぐのですが、サンドペーパーのようになっているので作業する手の皮膚がガサガサに荒れてしまいます。
でも身はまるでふつうの白身魚のようにきれいです。実際にソテーで召し上がられたお客さまも、ふつうの白身魚みたいに美味しいという方が多いです。そんなわけでサメのソテーは当店では意外と人気メニューなのですよ〜
4/15(日)11:30〜15:00通常営業します。
お魚が入荷しました。小型のガーラですね。ガーラというのは、沖縄での方言名で、釣り好きの間では有名です。1種類の魚名ではなく、大型のロウニンアジ(1m超)、カスミアジから小型のマルヒラアジなど10種類ほどの銀色で平べったいアジの仲間をだいたいガーラと呼んでいるようです。
魚をさばくときはその魚の持つ色や造形の美しさに見とれてしまうことがあります。ガーラの金属のような光沢、シャープなフォルムや美しい曲線を描く胸ビレも見ていて惚れ惚れしますね。
見てると海の中を敏捷に泳ぎ回る姿が想像できますね。
さばいた後の骨までなんだか美しい。。

鑑賞した後は美味しいソテーにしてありがたくいただくことにしましょう。

4/14(土)11:30〜15:00通常営業します。
島産のトマトを収穫しました。
トマトとキクラゲを使って卵炒めにします。今回は島産の玉ねぎも入れました。
強火で炒めた具材に卵を絡めて味付けするだけのシンプルな料理です。
昨年、まかないで作ったこの料理をブログにアップしたところ、「あの料理はお店では食べられないんですか?」とご来店したお客さまに聞かれたことがあります。そこで定食付け合わせにできないかなぁ、と思って今回作ってみました。

その結果、作ってすぐはいいのですが時間がたつと水分が出てべちゃっとしてしまい付け合わせには不向きのよう。そんなわけで今年も残念ながらお客さまにはお出しすることができず、まかないとなって美味しくいただいたのでした。
4/13(金)11:30〜15:00通常営業します。曇り空のすっきりしない天気が続いています。湿度も非常に高く、実際の気温以上に暑く感じますね。天気予報のサイトでは、「沖縄地方は梅雨のリハーサル」みたいな表現を見かけましたが、まさに来月には始まる梅雨を先取りするような空気感です。
そんな中、昨日今シーズンのサトウキビ収穫作業が全て終わったそうです。島のあちこちで、無事に終わった安堵感が漂い、関係者の方々は喜ばしくほっとした表情をしていました。
製糖工場はもう数日稼働するようですが、こちらも収穫したサトウキビをさばけたら操業終了です。
12月から足かけ5ヶ月に渡って行われてきたサトウキビ収穫作業と製糖。波照間島の冬の風物詩でもあり、島を支える基幹産業でもあります。農業の担い手は減ってきているとはいえ、島の雰囲気を大きく左右する重要な産業であることは間違いないですね。



4/12(木)11:30〜15:00通常営業します。

昨日は久しぶりに雷鳴が轟きました。ここのところ雨が降らず乾燥していたので、まとまった雨が来ることを期待していたのですが、ほんのお湿り程度の雨しか降らず。雨は降らないのにジメジメした空気に満たされて不快指数は上昇中です。

昨日野菜畑でさやいんげんを収穫していたら、畑の主のおばぁがバイクでやってきました。私の姿を見つけると、ヘルメットも脱がずにニコニコしながら近づいてきて、「こっちに来てごらん〜、面白いものがあるよ〜」と大根の植えてあるエリアに。
どうやらねじれたり二股に分かれた大根が隣同士で絡みあうように生えているのを、前日に見つけたらしい。とても面白い大根の様子を私たちに報告したくてしたくて、全部掘らないでとっておいた模様。
「こっちとあっちの大根がよ〜、こんなんこんなんなって人間みたいにからんでるさ〜。おっもしろいさぁ〜」と身ぶり手ぶりを交えて説明してくれます。
無事に掘り出した大根とおばぁと記念にパチリ。
「こんな面白いのなかなかないから、お店に飾っておけ〜。飾る時は葉っぱが付いてた方が格好いいはずね」
おばぁ、素敵な大根をありがとうございます。お店には飾りませんが、このブログで全世界に公開しておきますね!

4/11(水)11:30〜15:00通常営業します。
先日、「手づくり化粧品レシピブック」という本を買いました。これはその辺りに生えている雑草といってもいいような植物を、お酒や油や酢などを使って化粧品にするアイデアをまとめたものです。
オーガニック志向とか自然志向でなくとも、その辺りに生えている植物で実用的な自分が使える化粧品を作れるというのは興味をそそられますね。人それぞれ体質的に合う合わないがあるはずですから、自分に合ったものを探し求めるのも面白そう。

カウンター席前の本棚に置いてありますので、興味のある方は手に取ってみてください。
4/10(火)11:30〜15:00通常営業します。
春休みも終わりましたね。
今日は波照間小中学校の入学式です。今年は小学校3名、中学校6名の新入生を迎えるとのこと。
そして昨年12月から始まったサトウキビの収穫作業&製糖も、もうまもなく終わるそうです。

季節は移り変わり、人も入れ替わっていきますね〜