BLOG

4/23(火)11:30〜15:00通常営業します。

4/24(水)〜5/6(月)の期間中のお休みは以下の通りです。
4/25(木)お休み
5/4(日)お休み
それ以外の日は営業いたします。

島のあちこちでフクギの花が咲いています。咲き終わった花はぽとりぽとりと地面に落ちるので道路のあちこちがライトアップされたかのように黄色くなっています。
だれかがフクギの花が次々に地面に落ちる様をたとえて「南の島に降る雪」と言ってましたが、それに頷けるぐらい最盛期には花が木から降ってきます。
それと同時に今、島ではこのフクギの花の香りが充満しています。むせかえるような独特の香りです。フクギは集落や屋敷を取り囲むようにたくさん植えられているため、それらが一斉に開花すると家の中にいても匂ってくるぐらいの強さです。

島に来たばかりの観光客の方には特に強烈に感じるかもしれませんね。
沖縄ならではの、今の時期ならではの、風景の1つといえます。島を散策しながらフクギの花を観察してみてくださいね〜
4/21(日)11:30〜15:00通常営業します。明日22(月)の営業はお休みします。

昨日は未明から激しい雷雨になり、落雷により停電が発生した地域もあったようです。そして雨はザーザーと降り続きました。
激しく地面に打ち付けるような雨が続くと気が滅入りますね。
かと思ったら突然雨は止んで、今度はカーッと太陽が照りつけてきました。先ほどの写真から10分後ぐらいにこんな青空に変わりました。こうなると蒸し暑さが尋常ではありません。

激しい雷雨が嘘だったかのように青空が広がりました。
もちきび畑は黄色く色付き始めています。
相変わらず海も美しく
夕陽は燃えるように大きな陽の玉がゆっくりと沈んでいきました。

うりずんの季節を迎え島の景色がより色鮮やかになってきましたね〜

4/20(土)11:30〜15:00通常営業します。
昨日はどんよりした曇り空や激しい雨が降る空模様でした。夕方ごろ一時晴れたものの夜にはまた激しい雷雨が降りました。
天気図や予報など見ていると梅雨に入ったと言ってもいいような感じですね。気象庁の梅雨入り宣言は地域ごとに行われます。沖縄地方は沖縄本島を基準に判断されるので毎年、本島より南方にある八重山地方は宣言より先に梅雨入りしていることが多いです。
それにしても今朝の明け方の雷雨は激しく、大雨洪水警報が出ていました。カエルの鳴き声の大合唱とともに雨の季節の到来を予感させます。

そして昨日夜は公民館主催の合同歓迎会が開かれました。島へ転任してきた学校の先生やお医者さん、移住者やUターンの方々を歓迎する会です。毎回のことですが、さまざまな余興が披露され転入されてきた方はさっそく島生活の地域密着度を感じたのではないでしょうか。
4/19(金)11:30〜15:00通常営業します。
沖縄だとこれから夏の時期にかけてとっても美味しいナスがとれます。
さっそく定番のひき肉炒めにしました。これだけでメイン料理になるぐらいご飯がすすむおかずですね。
そしてこちらは昔から島で栽培されているナス。かたくてアクがあります。
筋状に皮をむいて切って揚げ浸しにしました。
アクの強さは残っているものの味がしっかりと染み込んだ一品になりました。
4/18(木)11:30〜15:00通常営業します。

昨晩のライブにはたくさんの方に来ていただきありがとうございました。
彼らが作る曲は世界のいろいろな動物がテーマになっています。ライブMCでその生き物のどんなところが面白くてすごいかを聞くと世界生きもの紀行を見ている気分になりますね。
ioraのライブの魅力はオリジナリティ溢れる曲の世界と多彩なエンターティメント性だと思います。見逃した方は、今後石垣島や沖縄本島、東京などでもライブがありますよ〜

それも見られないという方はYouTubeでもたくさん彼らの動画が見られますよ〜
4/17(水)11:30〜15:00ランチタイムは通常営業します。本日の夜8:00〜当店にてiora(アイオラ)さんのライブが開催されます。

毎年渡り鳥のように波照間島まで渡ってくる夫婦デュオです。自然や旅先での風景、動物や生き物をテーマにした彼らの曲はどれも旅情感があります。

そして何より彼らのパフォーマンスは歌声やギターのみならずパーカッションや太鼓を使って、踊りだしたくなるようなリズムで目まぐるしく展開していきます。まさにエンターテイメントという感じですね。是非ライブに足をお運びくださいね。

チャージはお一人様2000円。ライブ時にはドリンクとスコーン、おにぎりなどの軽食は販売しますが、通常のお食事メニューは提供していません。

事前予約なしで入れます。これまで予約なしで会場に座れなかったということはありません。開場時間は19:00〜となっていますがだいたい19:45ぐらいから人が集まり始め20:10ぐらいから開演するのが恒例ですのでギリギリに来ても大丈夫です。

皆さまのお越しをお待ちしております!

ioraについてもっと知りたい方は彼らのホームページをのぞいてみてくださいね〜。旅先での面白い出会いやライブの様子なども見られますよ〜
4/16(火)11:30〜15:00通常営業します。

明日17(水)夜8:00〜当店にてiora(アイオラ)さんのライブが開催されます。

毎年渡り鳥のように波照間島まで渡ってくる夫婦デュオです。自然や旅先での風景、動物や生き物をテーマにした彼らの曲はどれも旅情感があります。

そして何より彼らのパフォーマンスは歌声やギターのみならずパーカッションや太鼓を使って、踊りだしたくなるようなリズムで目まぐるしく展開していきます。まさにエンターテイメントという感じですね。是非ライブに足をお運びくださいね。

チャージはお一人様2000円。ライブ時にはドリンクとスコーン、おにぎりなどの軽食は販売しますが、通常のお食事メニューは提供していません。

事前予約なしで入れます。これまで予約なしで会場に座れなかったということはありません。開場時間は19:00〜となっていますがだいたい19:45ぐらいから人が集まり始め20:10ぐらいから開演するのが恒例ですのでギリギリに来ても大丈夫です。

なお、明日の昼は通常通り、食堂として営業する予定です。
さて昨日ご紹介した島野菜のうちシシトウは天ぷらにして付け合わせで出しました。そのまま丸ごと天ぷらにしてもいいのですが、盛り付けの関係上、刻んで玉ねぎと混ぜて野菜天ぷら風にしました。やわらかくて甘くてつまみ始めると手が止まらなくなるおいしさでした。
4/15(月)11:30〜15:00通常営業します。

島のあちこちで花が咲き、若葉が成長して生命力が高まる季節になってきました。野鳥も繁殖期をむかえ、その鳴き声が賑やかに聞こえてきます。

島野菜は葉物はほとんど終わってしまいました。これからはつる性のウリの仲間が成長し、ピーマンやトマトなどが収穫できる時期でしょうか。

以下は最近仕入れた島野菜
ししとう↑
ヘチマ↑
オクラ↑

ヘチマやオクラが採れ始めるとイメージではもう夏!という感じがしますね!
4/14(日)11:30〜15:00通常営業します。

先日、島をぐるっと一周していたら至るところの草むらでたくさんの蝶々がひらひらと飛んでいました。
飛んでいる蝶の優雅さを写真に撮るのは難しかったので、蜜を吸いに花に止まった瞬間を何とかカメラに収めました。じっと見ていると蝶の種類によって行動や羽ばたきに特徴があることがわかりました。忙しなく羽ばたきながら次々と花を飛び回る蝶もいれば、吸蜜中は羽を畳んで花からぶらさがってじっとしている蝶もいたり。

何よりも全部で10種類以上の蝶がふわふわヒラヒラと群れて飛んでいる様子はとても幻想的でした。

波照間島では冬でもちらほら蝶が飛んでいますが、やはりこの季節になるとぶわっと数が増えて生命力の高まる季節になったことを実感します。
島の中を観光しているとあちこちで蝶だまりのように蝶が群れている場所があります。そういう場所に遭遇したら是非足を止めてみてくださいね〜。
4/13(土)11:30〜15:00通常営業します。

写真の色鮮やかな紫と白色は一見、芋っぽいですよね。これは芋は芋でも沖縄の自然薯です。

けっこうデカいです。しかしこれはまだまだ本当の大きさの一部分に過ぎません。
こんなに大きい芋の一部を切って売ってもらいました。栽培しているのは島にある民宿あがた村を営んでいる東田さんです。東田さんによりますと1年でこの大きさまで成長するそう。そして1年経った芋はそれ以上は成長せずに種芋となり、その芋の脇にあらたに新しい芋ができてくるのだとか。
この自然薯は沖縄本島では「ダイジョ」と呼ばれているようです。そして波照間島での方言は「ナラボン」と言います。うちのアルバイトさんはこの名前を聞いて「どっかのボンボンみたいですね」との感想。確かに!あるいはどっかのゆるキャラでいそうな名前ですね。

ちなみに「ナラボン」のアクセントは最初の「ナ」にも後半の「ボ」にもありません。抑揚なく平たくフラットに発音してください。ちょっとフランス語チックな感じ? 

島でのナラボンの食べ方は素揚げや汁にすることが多いみたいですが、アクの強いヤマイモと思って料理すればいろいろとアレンジができそうです。
生のまま醤油をかけて味見してみると全然クセがなくまさに長芋と同じような味がしました。
拍子切りにして揚げてみます。それにしても紫のナラボンは紅芋にしか見えません。
揚がったら塩胡椒をまぶします。食べてみると外はカリっとして中はホクホク!まるでポテトフライのような美味しさでビックリです。これは島の居酒屋で「ナラボンフライ」と称して出せば人気メニューになること間違いないでしょう。おやつやつまみに最高ですよ。

そして本当のポテトフライよりすぐれている点は揚げてから時間が経ってもふにゃふにゃにならないこと。オードブルやお弁当などに入れるのに最適ですね。是非もっと島で栽培して食卓に登場させてほしい島食材です。

今回は素揚げにしましたが、他のレシピにもいろいろチャレンジしてみる価値がある食材だと思います。
これは昨日お客さんに出した魚のソテー定食。ナラボンフライをはじめ付け合わせも地元産ばかり。島バナナもお客さんに好評です。
このナラボン、沖縄本島ではその大きさや重さを競うコンテストもあるみたいですよ!
4/12(金)11:30〜15:00通常営業します。

石垣島産のセロリです。
緑が濃くりっぱですねぇ。こんだけたくさんあって200円でした。地元産の新鮮な野菜が手に入るのはとても嬉しいことです。
定番のきんぴらに。セロリは比較的クセが強いので苦手な方が多いかなぁと思っていましたが、定食付け合わせで出したところ、食べ残す方はほとんどいないみたいですね。きんぴらの味付けは食べやすいし、日持ちもするので、常備菜としてはとてもいい料理です。
他には石垣島産のインゲンで胡麻和えを作りました。たっぷりのすりごまがからんでとても美味しいです。胡麻和えはインゲンに限らずいろいろな野菜で作ってみると意外に合うことに気づきます。以前、春菊の胡麻和えを作ったらとても美味しかったです。こちらも優秀な常備菜ですね。