BLOG

10/22(火)11:30〜15:00通常営業します。

一昨日は波高4mで高速船が全便欠航となってました。今日はだいぶん海況も落ち着いてきているようです。21(月)からドック入りする予定だった大型高速船ぱいじま2は、明日23(水)からのドック入りに変更になったとの情報です。
定食付け合わせに石垣島産ゴボウとスルメのきんぴらを作りました。
スルメ?!っと思うかもしれないですが、乾物を料理に使うとけっこういい出汁がでます。今回の味付けはふつうのきんぴらゴボウに酢の味を加えて、ときおり歯ごたえのあるスルメが混じっている感じ。たまにはこういう味付けもいいですね〜
こちらは石垣島産おからのサラダ。みた目からは想像できないと思いますが、ツナ缶(汁ごと)、たっぷりのかつお節、豆乳、酢、マヨネーズなどが入り、思いのほかしっとりとしたサラダになっています。紫玉ねぎや枝豆を入れて彩りもきれいにできました。

日々作り続ける定食付け合わせは、スタッフにとっては定番であり、どんなに美味しいものでも、自分たちにとっては飽き飽きしているものです。しかし、このおからサラダはそんな私たちでも食べたい!と思わせるメニューの一つなんですよね〜
10/19(土)11:30〜15:00通常営業します。20(日)21(月)の営業はお休みします。

八重山地方のすぐ近くにある台風20号は、あまり発達する予報ではありませんが、この近辺でウロウロして船の運航などに影響を与えそうな感じですね。どこへ向かうのか見定めるのが難しそうな台風です。
さて冒頭の写真のような景色に出会うと、海の彼方に何か特別な世界があるのではないかと思ってしまいそうな神々しさを感じます。資源も乏しく、他の島と簡単に行き来できなかった時代の島人ならばなおさら、そこにニライカナイ(理想郷のようなもの)を夢見たことでしょう。
ギラギラと照りつける夏が終わり、陽射しが和らいでくると、こういった薄明光線がよく見られるようになります。薄明光線(はくめいこうせん)は、「太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間や端から光線が放射状に地上へ降り注いでいるように見える現象のこと」。

いろんな別名があって
・光芒(こうぼう)
・天使の梯子(はしご)
・天使の階段
・ゴッドレイ(God Ray)
・ヤコブの梯子(はしご)
・レンブラント光線
などと呼ばれるそうですよ。また宮沢賢治はこの現象のことを「光のパイプオルガン」と表現したとか。

世界中で皆がこの現象に何かしらの感銘を受けたんでしょうが、「光のパイプオルガン」という表現は、光なのに見ていると音まで頭の中に響いてくる感じがよく伝わって秀逸な言葉だなと思いました。

波照間島は山がないので空がとても広くて、この薄明光線がとても美しく壮大に見える島だと思います。島のどこからでも海が見えるので、薄明光線に照らされた海面が黄金色に輝く様子もまた神々しい。夏のビーチもいいですが、これからの季節、薄明光線を見にくるのもいいかもしれないですね〜
10/18(金)11:30〜15:00通常営業します。20(日)21(月)の営業はお休みします。
21(月)からドック入りする予定の大型高速船ぱいじま2。双胴船というタイプの船で、真ん中の船底が空洞になっています。よくある高速船とは形が違ってユニークですね。
ぱいじま2は大きすぎて浮き桟橋に係留できないのでコンクリート護岸に直接横付けされます。そのため潮の高低の影響を受け、出入り口が1階になったり2階になったりします。昨日は2階から乗降していました。
なかなか急なスロープなので荷物を持っていたり、身体に障害があると大変ですね。
そんなぱいじま2、本日も1,3便で運航し、小型高速船で運航する2便は欠航になりました。まだ波が高めの予報は続くようです。
さて以下は昨日作った定食付け合わせです。
石垣島産もやしの中華クラゲ和え
ゴーヤと紫玉ねぎのかつお節醤油和え。ごま油を多めに入れると美味しいと思います。
ピーマン、パプリカの糸こんにゃくオイスターソース炒め
野菜天ぷら
10月は日によっては、まだまだ観光のお客様が多いです。来月からオフシーズンに入るので、今月で夏も繁忙期も終わり、な感じ。観光の方は夏気分を存分に味わって楽しく過ごしてくださいね〜
10/17(木)11:30〜15:00通常営業します。

昨日は非常にクリアな青空が広がりました。

太陽に当たると汗ばみますが、真夏に比べれば随分過ごしやすく快適な空気。ちょっと前まで扇風機をガンガン回してもサウナのような暑さだった厨房も、やっとちょうど良い適温時期になりホッとしています。

しかし天気は良くとも波の高さは2.5〜3mのやや高い状況が続いていて、高速船は1,3便運航、2便欠航となりました。しばらく同じような海況が続くようです。
さて当店は食堂ですが、同時に染織工房も併設しており、細々とですが製作活動もしております。食堂の繁忙期は仕込みや店の営業に時間を取られて、工房の方はなかなか思うようには時間を割けないのが現実ではあります。
そんな中、部落の方から注文のあった祭事に使う衣装がやっと完成しました。布を織るところまではできませんでしたが、波照間産の藍で染め、仕立ててあります。こちらは今月末にある節祭りの舟こぎの時に使う衣装です。島の行事に使う衣装の製作を担えるというのはとても光栄なことですよね。今後も少しずつですが製作していきたいと思います。
10/16(水)11:30〜15:00通常営業します。
昨日は北風が強く吹き、どんよりと曇り空、なんだか久しぶりに冬っぽい空になりました。高速船も1,3便運航、2便欠航となりました。これからはこういう空の日が増えてくるんでしょうねぇ。

さてドック入りが予定されていた大型高速船ぱいじま2ですが、今のところの情報では10月21日〜11月下旬にドック入りするそうです。この期間中に海が時化ると船が欠航しやすくなると思いますので、来島予定の方はお気をつけくださいませ。

話は変わりまして、当店での定食には、ご飯の皿に漬け物をつけています。ここしばらくの定番はゴーヤの佃煮でした。これはゴーヤがたくさん収穫できる時期に作りだめしておいたものを少しずつ使っていました。
たくさんストックしておいたゴーヤ佃煮もそろそろ終わりになってきたので、大根のわさび漬けを作りました。
大根の漬物といえば、近所のおばぁから、たくさん作ったから持って行きなさいとお裾分けをよくいただいたものでした。おばぁの手作りの漬物、少し甘めで程よく酢が効いていて、パクパクつまむ美味しさでした。今では島で元気に過ごしているおばぁの数は昔と比べて随分と少なくなってしまい、さみしい限りです。

今回はわさび漬けということで、砂糖と酢で漬けつつ、ワサビをピリッと効かせる感じの味付けにしてみました。砂糖はきび砂糖を使ったので大根の色が少し茶色くなっています。漬け物は奥が深いですからねぇ、まだまだいろいろと試行錯誤してみたいものです。
10/15(火)11:30〜15:00通常営業します。

南の島の波照間でも朝晩、随分と涼しくなってきました。今日は北風がさらに強くなる予報。肌寒くなるかもしれませんね。波の高さの予報も4mです。
地大豆を圧力鍋で蒸し豆にしました。こうやってまとめて蒸し豆にして、冷凍ストックを作っておくと便利です。豆は一晩水につけておいてから蒸すので、ひと手間かかりはするのですが、とても美味しいので手間をかけたかいがありますね。この蒸し豆の状態で何もつけなくても、パクパクつまんで食べられるぐらい美味しいですよ。
その蒸し豆を使って定食付け合わせにひじき煮を作りました。豆もヒジキもとても美味しくできましたが、油揚げを少し入れることで全体の味にコクがでる感じがします。時々作りたくなる常備菜です。
10/14(月)11:30〜15:00通常営業します。

昨日は3連休の中日でしたが、やはり台風19号の影響でしょうか、お客さんの数はそれほど多くありませんでした。台風により各地で河川の氾濫が起きてまだまだ被害の状況がつかめていませんが、被災された方々ができるだけ早く普段の生活に戻れることを願っています。

さて昨日から大型高速船ぱいじま2が約1ヶ月間ドック入りするので欠航が増えるかもしれませんよ〜とブログでお伝えしたのですが。実際には昨日はいつも通り、1,3便がぱいじま2で運航され拍子抜けしました。思わず何度も掲示されていたお知らせの日付を確認してしまったほどでした。
変更になる場合がある、とは書かれていますが、変更するならどこかでその旨を知らせてほしいものです。そして結局ドック入りはいつからになるのでしょうかね?
定食付け合わせにリンゴのサラダを作りました。長野県の秋映(あきばえ)という品種のリンゴです。皮の赤色が濃く、味も濃い美味しいリンゴですね。長野県といえば千曲川が氾濫して浸水の被害が大変なことになっているとニュースで見ました。リンゴ農園も被害に遭われたりしているのでしょうか。心配です。
他にはゴーヤのツナ和えを作りました。最近は、ゴーヤはかつお節醤油和えにすることが多かったのですが、今回はツナ、オリーブオイル、塩胡椒、ポン酢で味付けしてみました。さっぱりしていてこれもいいですね〜。
10/13(日)11:30〜15:00通常営業します。本日の営業は都合により、いつもより料理メニュー数を減らしての営業となります。何卒よろしくお願いします。
さて本日より大型高速船ぱいじま2はドック入りするとのこと。これが意味することは、この期間中、船の欠航が多くなる可能性があるということ。ぱいじま2なら波高3mでも出航してましたが、小型高速船となると3mだと欠航することもしばしば。約1ヶ月間は高速船の運行状況に要注意です。

さてここ最近でつくった定食付け合わせ。
ゴーヤとタマネギのかつお節醤油和え
定番の波照間島産ニラ卵炒め
厚揚げのガーリックバター炒め
波照間産冬瓜の煮物
中華風春雨サラダ。具にカラフルな野菜を使ったら、とても豪華な感じの春雨になりました。
定番の石垣島産ゴボウを使ったきんぴらゴボウ
波照間産オクラのかつお節醤油和え
野菜天ぷら。島ではマーパンベーと呼ばれて、おかずやお供え物としてだけではなく、おつまみやおやつとして家庭でよく作られる天ぷらです。

観光シーズン中はお客さんの数も多いので、付け合わせも多めに準備しております。メイン料理の箸休めにちょいとつまんで食べてみてくださいね〜
10/12(土)11:30〜15:00通常営業します。
夕刻、日が沈んでから夜になるまでの「あやふふぁみタイム」
短い時間でしたが刻一刻と色が変化していきました。
こちらではお天気も比較的良くなりそうな3連休です。台風の影響でご旅行をキャンセルする方もいらっしゃるかもしれないですね。台風19号から八重山地方までは随分と距離がありますが、こちらにも台風の影響のうねりや波は来ているようで波高3mの状況が続いています。船の運航状況にご注意くださいね。

台風の進路予想地域に在住の方々に何事も起こらず無事にお過ごしになりますように!
10/11(金)11:30〜15:00通常営業します。

災害レベルの台風19号の来襲が予想され不安に思っている方々も多いと思います。台風経験の多い沖縄県民からのアドバイスとしては、まず家の周りの細々としたものは風の影響を受けないところにしまう、飛ばないよう縛り付ける。物干し竿は外す、倒しておく。自転車や高さのあるものは最初から倒しておく。木の雨戸で釘で打ち付けられるものは打ち付けて固定しておく。台風ではいろいろなものが飛んできて窓や壁にぶつかることがよくあります。

そしてできる限りの対策をしたあとはもう外出しない、あるいは安全な場所に避難するということに尽きると思います。学校や仕事も休みにして、イベントなども中止にして、来るべき事態に備える。

とはいえ実際に接近したらそんなに強い台風じゃなかった、ということもよくあります。しかしそれは結果論で、最悪の事態を想定して備えることが被害を最小限におさえます。台風接近の多い沖縄で、台風の被害や負傷者が少ないのは皆さん経験的にそれを知っていて無駄骨に終わるかもしれない台風対策を毎回忠実に実践するからだと思います。接近に伴い徐々に影響が出てくると思いますが皆さんくれぐれもお気をつけくださいね〜
さて定食付け合わせに、パンダマの豆腐和えを作りました。
パンダマは沖縄では「血の薬」とも呼ばれる栄養価の高い野菜です。
沖縄本島ではハンダマ、内地では金時草、水前寺菜などとも呼ばれます。
葉面の緑色に対して裏側は鮮やかな紫色。島では冬になるにつれてこの紫色が鮮やかに濃くなり、コントラストの美しさが際立ちます。この紫色が濃くなってくると、あー夏が終わって冬になったんだなぁと感じます。最近になって色が濃くなってきて、夏の終わりを実感しはじめました。
葉を茹でるとぬめりが出て、抗酸化作用のあるアントシアニンの色水が出てきます。

パンダマは春菊にも似た独特の味と香りがするので苦手な方もいるかもしれませんが、豆腐と和えると美味しく食べやすくなるのではないかと思います。これから冬にかけての定番の付け合わせですね。
10/10(木)11:30〜15:00通常営業します。

早朝や夕方に、お店の駐車場にニワトリ3羽が現れることがあります。うちのニワトリではありませんが、ご飯をくれと催促されてついエサをあげているので、うちで面倒をみているとも言えます。お尻をフリフリしながら私たちの後をついてくるのはとてもかわいいです。しかし背後からドドドっと走り込んで人間の足にキックを見舞うこともあるので要注意です。

さて最近の定食付け合わせご紹介。
石垣島産紅芋の四季柑煮。
紅芋にはいくつか品種があります。見た目や甘さ、火を入れた時の柔らかさや質感などもそれぞれ違うので、いずれあれこれいろんな料理やスィーツに応用してみたいです。
石垣島産ゴボウのたっぷり胡麻和え。茹でたゴボウとゴマダレをからめるだけ。ゴボウの味がしっかり楽しめますね〜
石垣島産里芋の煮物。
里芋の味ってほっこりしますね。
石垣島産もやしのナムル。
こちらのもやしは内地のスーパーのもやしほど安くはありませんが、シャキシャキして美味しい庶民的な野菜の一つで重宝します。
そして八重山そばで作ったナポリタン風。
波照間産オクラのかつお節醤油和え。今年も夏の間中、オクラのお世話になりました。そろそろ収穫も終盤でしょうか。

島の各家庭の野菜畑では、冬野菜に向けて種まきや苗植え、栽培の準備などが始められる頃。夏は暑すぎるし、虫の被害が多いし、育てられる野菜の種類はほんとに少ないです。しかし、これから冬〜春にかけては野菜栽培適期。野菜いっぱいの冬が楽しみですね〜。